上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top ▲
学校のテストの成績は、一般に「頭の良さ」を示すと考えられています。
多くの人は、それを「IQ(知能指数)」の高さと結び付けますが、心理学における「知能」の定義には実は様々なものがあります。
心理学の講座を受けると、このように日常と違う使い方をする言葉が本当にたくさんありますね。
抽象的に物事を考える「思考する力」であったり、経験から学んでいく「学習能力」であったり、新しい環境に直面してもうまくやっていける「適応能力」だったりします。
知能を最初に測定する最初の試みをしたのは、フランスの心理学者A・ビネーです。
ビネーは1905年、パリ市の教育委員会から依頼されたもので、知的障害児を見分けるテストの作成を引き受けました。
これが、ビネー式知能検査なのです。
心理学の講座を受ける人たちにも、きっと耳にしたことのある知能検査ですよね。
この検査は1歳レベルの問題から、抽象的な言葉の意味を答えてもらう成人レベルの問題に至るまで、年齢ごとに簡単な問題から順次難しい問題へと移っていく構成になっています。
このビネー式の検査は改訂を重ねた結果、今日では結果を知能指数で示すようになっています。
その後、知能には論理的に物事を考える知能のほかに、感覚的な知能もあることが主張され、1939年にはアメリカの心理学者D・ウェクスラーによってウェクスラー式知能検査が考案されました。
このテストから論理的な部分を測る言語性知能の測定のほかに、より感覚的な動作性知能の測定が加わり2側面からのIQ診断が可能となったのです。
l 心理学 講座 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinrigakukouza.blog105.fc2.com/tb.php/10-44f993da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。