上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top ▲
これまで心理学の歴史をみてきましたが、大きく分けると二つの流れがあったことに気がついたでしょうか。
その一つはヴントによって確立されて今日まで続いている流れで、研究方法を自然科学に求めるものです。
自然科学は諸現象を観察し、諸現象の関係について仮説をたて、それを検証するためのデータを集めて統計的検討をし、仮設から理論を構築するという方法をとります。
この方法を「実証的方法」といいます。
この方法こそが科学としての心理学だと考え、実験を方法的な柱にすえるので「実験心理学」といいます。
しかし、人間には個人差があり当然ですが一人一人違う世界を持っています。
フロイトにはじまり、心の不適合に悩める人たちを援助することを目的とする実験的領域においては、そうした「個」と関わることを通じて人間心理の普遍的な構造とは何かを探るという方法がとられてきました。
こうした方法による心理学を「臨床心理学」といいます。
20世紀の心理学は、この実験心理学と臨床心理学のせめぎあいの歴史でもありました。
実験心理学者からいわせれば、「臨床心理学は科学ではない」といったことになりますし、臨床心理学者から言わせれば「実験心理学は心不在の心理学である」ということになるのです。
20世紀ではアメリカの行動の科学こそが心理学であるということが主流でしたが、こうしたなかからトランスパーソナル心理学が生まれたことは面白いことです。
心について知りたいから心理学の講座を学ぶのに、こんなにめんどうくさい・・・そう思われたでしょうか。
確かに学問として成り立つには、心には未知の領域が多く、科学的な証明も必要とされたのでしょう。
共感はできなくとも、講座で学ぶ以上、知っておかなければなりませんね。
l 心理学 講座 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinrigakukouza.blog105.fc2.com/tb.php/20-7a519b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。